○○事務所

TOP

派遣

講師

講座

相談

手話・要約筆記など各種講座のご案内

ライブラリー
手話通訳・要約筆記の派遣の概要

現在地:TOP事業の案内>手話通訳・要約筆記の派遣の概要

派遣のご案内

 聴覚障害者センターでは手話通訳者・要約筆記者の派遣を行っています。
 手話をコミュニケーション手段とする聴覚障害者の場合、医療・教育・その他の社会生活の様々な場面で手話通訳を必要としています。
 団体や組織の中に聴覚障害者の方が所属しておられる場合や企画された行事に聴覚障害者が参加される場合には、手話通訳者を準備する必要があります。聴覚障害者の社会参加を保護するために制度の利用にご理解いただき、手話通訳者の派遣が円滑に行えるようにご協力をお願いいたします。


 また、病気、交通事故等が原因で人生の途中から聴力を失った人や大勢の人の中では話されていることが言葉として聞き取れない人たち(難聴者)で手話を主要コミュニケーション手段としていない方々が、家庭生活や社会生活上コミュニケーションに支障をきたすと考えられる場合に 要約筆記者を派遣します。

手話通訳・要約筆記者を依頼するには

聴覚障害者個人が手話通訳者・要約筆記者を依頼したいとき

下記、お住まいの市町福祉課へお問い合わせ下さい。

手話通訳依頼の窓口の案内

団体・企業等で手話通訳者・要約筆記者を依頼したいとき

○ 申込み方法
  
 原則として1ヵ月前までに下記の「派遣申請書」に
  必要事項を記入の上、申し込んで下さい。

   ※それ以後のご依頼は受け付けます が、通訳者の調整が不可能な場合があり、
     お断りすることがあります。

 【手話通訳】 【要約筆記】
手話通訳派遣申請書PDF
 
派遣申請書(PDF)

手話通訳派遣申請書PDF
派遣の利用の手引き
要約筆記派遣申請書PDF
派遣申請書(PDF) 

手話通訳派遣申請書PDF
派遣の利用の手引き



○ 申込み受付け時間
   
月曜日から土曜日の午前9時30分から午後6時まで。
   
(年末年始・日・祝日は休館)

○ 申込先

   申込みはファックスまたはお電話で受け付けております。
   下記の内容についてお知らせ下さい。
    (上記の派遣申請書をご利用下さい。)
    ※メールによる申請の受付は行っておりません。
   @日時   A場所  B内容
   C聴覚障害者の方の氏名(団体の場合は人数)
   D連絡先(ご担当者)
   F事前資料(プログラム・事前原稿など内容のわかるもの)

○ 費用
   聴覚障害者センター(担当者)にお問い合わせ下さい。

○ 派遣人数
   派遣する人数は、通訳の内容・時間によりご相談させて頂きます。


○ 派遣の流れ
 @依頼受理・打合せ
    日時・場所・内容・聴覚障害者の参加状況
    費用・事前資料などの確認をします。
       ↓
 A通訳者の調整
    日時・内容・場所などによって派遣する通訳者を調整します。
       ↓
 B通訳者の決定
    決まった通訳者の名前を依頼者に連絡します。
    当日待ち合わせや通訳環境(場所・照明・音響など)の
    打ち合わせをします。
       ↓
 C通訳者との打合せ
    通訳者にBの打合せの内容や関連資料等を提供します。

派遣できない内容
  • 政治団体の活動
  • 宗教団体の活動
  • 企業(営利)の活動
  • その他不適切と認めるもの

【手話通訳者の注意事項・お願い】
 ●参加の確認
  講演会・行事などでは、手話通訳・要約筆記を準備できる旨を広報して下さい。
  事前申込み制の場合は、申込みの際、手話通訳・要約筆記の必要について
  確認をして下さい。

 ●会場
  会場に手話通訳者・要約筆記の配置場所、聴覚障害者の座席の確保や表示を
  お願いすることがあります。
  音響・照明など、手話通訳・要約筆記が円滑に行えるように相談させて
  いただくことがあります。

 ●守秘義務
  手話通訳者には、守秘義務があり、手話通訳業務を通じて知り得た情報は
  他に漏らすことは堅く禁止されています。

 ●その他
  ◎手話通訳者は会議・研修会・講演会などの記録・ノートテイクなどは
   一切お受けできません。
  ◎要約筆記者はその場で記録したものは筆記者が持ち帰り、
   破棄させて頂きます。


通訳依頼、お問い合わせ先

滋賀県立聴覚障害者センター
電話番号:077−561−6111*077−561−6133
ファックス:077−565−6101